脱毛サロンは勧誘がすごい!ってホント?

“脱毛サロン” というと、一昔前までは「勧誘」がつきものでした。

実際にエステサロン(当時は “脱毛サロン” なんて専用のサロンは無かった)に通っていた私の友達も、あの手この手で勧誘してくるエステティシャンに抗えず 高額なエステ費用を払わされていました。
 (その当時のエステ料金といえば、1本美容液を買おうものなら すぐに万が吹っ飛ぶ!新プランを契約しようのもなら100万単位ですyo! ・・あ、あんまり書くと年齢がバレてしまう。。

高額な施術料金を請求されて訴訟沙汰なんて日常茶飯事でしたから・・

そんなイメージがず〜っと定着しているものだから、4,50代の女性の中には いまだに脱毛サロンを敬遠する というような女性もいるでしょう。

ですが ここ最近・・かれこれ10年近くは そのような問題は鳴りを潜め、あまり大々的な事件へと発展することは無くなりました。
 っというのが、
そうした 美容関連での金銭面や施術面でのトラブルを無くそうと、美容・エステ業界自体が自主規制に乗り出し、2003年には経済産業省で「エステティック産業の適正化に関する報告書」を発表し、翌2004年に日本エステティック機構(JEO)が設立されました。

それにより エステティックサロン等での利用者が、安心・安全なサービスを受けられるようになり、法律家や学識経験者などの有識者による第三者的な立場での認証事業が進められて、今日のように あからさまな “勧誘” と言うものは無くなってきたわけです。

あからさまな勧誘が無くなった とはいうものの、そこは脱毛サロンとて客商売で成り立っているわけですから、やはり新たに契約してもらったり 商品を買ってもらったりしなければ売り上げは伸びず、お店の経営に響きます。
 なので、「100% 勧誘がない!」とは言い切れないのが実情で、さりげな〜く やんわりとした感じの “商品説明”・・ もしくは “商品紹介” 程度のものはあると思います。

ネットの口コミ掲示板等を見ても、「勧誘があった」という人と、「全く無かった」という人がいて、サロン側もどのタイミングで勧誘するのかがハッキリと分からないので、やはり勧誘されやすい人とそうでない人 というのはあるような 無いような・・

とにかく もしそう言った勧誘を受けた場合でも、落ち着いて 冷静な態度で自分を見失わないようにしてくださいね。 そして イザ契約!という時も、
“施術期間”、”施術の効果”、”痛みや火傷などの副作用があった場合の治療費の負担” など十分な説明を受け、書面でよく確認したうえで契約することが重要です。