クリニックでの脇脱毛の効果は?
レーザーの種類で決まる?

医療クリニックで使われているレーザーにも種類があって、主なもので
アレキサンドライトレーザー/ダイオードレーザー/ヤグレーザー の3種類です。

アレキサンドライトレーザーの代表的な機種としては、
『ジェントルレーズ』

脇脱毛効果医療レーザー脱毛機で実績のある米国はキャンデラ社製の アレキサンドライトレーザー脱毛機。

アレキサンドライトと言う人口宝石を使用している事からのネーミングです。

大手クリニックを始め、現在日本でNo.1のシェアを誇っている脱毛機で、医療脱毛機として 初めて日本に渡ってきた機種でもあります。

脱毛効果はもちろんの事、もともとは皮膚の様々な治療に使われていた機種なので、皮膚科やクリニックでの他の分野(シミ・シワ・ソバカス 他の皮膚疾患)の治療でも威力を発揮します。

ジェントルレーズの照射面積は、他の脱毛機と比べると、比較的広く 照射スピードも速いので 施術自体も必然的に早くなる と言う利点が・・
脇脱毛効果
また ヘッド部分も軽いため “打ち漏れ” 等が起こりにくくなっています。ヘッドの重さは、施術をする医師や技術者にとっては重要で 打ち漏れの原因の一つにもなります。

照射直前には 冷却ガスが噴出され、皮膚表面を瞬時に冷やすことで痛みも少なく、やけどのリスクも限りなく低くなっています。
さらに 美肌効果も期待でき、毛穴の開きを引き締める効果があるため ツルツル美肌と無毛も一石二鳥を目指せる!
 
アレキサンドライトレーザーにつづく ダイードレーザーの代表機種は、
『ライトシェア・デュエット』

脇脱毛効果
ジェントルレーズと並ぶほど・・ 今ではそれを上回るほど 広く使われているダイオードレーザー脱毛機です。

ライトシェアでは、施術時にジェルを塗って照射する場合がほとんどですが、機種によってはジェル不要のものも。
最新のライトシェアには冷却装置がついているようなので ジェルは必要ないようです。

大抵はジェルを塗って冷却する必要がある為、ジェルのベタベタ感が不快に感じる場合 や、塗る手間を考えるとちょっと時間的に長くかかる場合もあります。

アレキサンドライトレーザーよりも波長が長いレーザーなので より毛根の内部にまで到達でき 太いムダ毛はもちろん、比較的メラニン色素の薄い “産毛” 等にも対応できます。

また低出力で 高い効果を出す事ができるので、他の脱毛器に比べると 多少は痛みが軽減されているかもしれません。ジェントルレーズのようなレーザー脱毛器特有の バチン!バチン! といった音が少ないので その辺も安心材料となって、痛みの感覚が軽減されるのかもしれません。

ですが、普通に痛みはあります。
脇脱毛効果
《2種類のヘッドを搭載》
右;HS 大口径35×22mmの照射口は、施術時間が3分の1に短縮。
照射時に皮膚を吸引して伸ばす事で、レーザーが皮膚に含まれるメラニンに吸収されるのを防ぎ、ターゲットの毛に対してのみ効率的にエネルギーを加える事ができます。

左;ET 照射口 9×9mm。密着型。体の細部・入り組んだ より細かい部分にまで照射が可能。
HSよりも痛みが強い傾向があります。

 
そして 3番目。

脇脱毛効果『Gentle YAG』
 
キュデラ社の複合機。脱毛以外でも使用できる ロングパルスヤグレーザー脱毛機。

脱毛で使われるレーザーの中で、一番波長が長いレーザーです。
 
1064nmという波長は、肌の深部にまで到達でき 根元が太くてしぶとい毛(男性のひげ・vio)はもちろん あらゆる肌・毛質に対して威力を発揮します。

メラニン色素に反応しにくいという性質から、肌色を選ばずに “色黒の人” や “白髪” 、”メラニン色素が多くてアレキやライトシェアではできない部分(vio)” 等の脱毛に向いています。
 
ヤグレーザーは、ほとんどの場合 サブ機として使うことが多く、部位別に使い分けるために使用する機種 と言えます。

その他にも 美容に関する様々な部門、シミ・小じわ・たるみ・赤ら顔・ニキビ治療などの治療にも有効です。
 


 
以上が、今日本国内の皮膚科やクリニックで幅広く使われている機種になります。
ですが 今では、最新鋭の新たな機種が続々と登場し、ダイオードレーザーを使用した痛みを軽減できる機種が登場し話題になっています。

それがこちら。

脇脱毛効果
『メディオスターNeXT』

アジア人の肌にあった 810/940nmという長いパルス幅を持った、2種類の波長のレーザーを用いることで、より深部に到達することが可能になり 効果的でスピーディな施術がきます。

『バルジ領域破壊による高脱毛効果』
通常のレーザー脱毛では、毛根の奥の毛乳頭を破壊することにより 発毛を抑制してきましたが、”メディオスターNeXT” では、毛乳頭ではなく、そもそも 発毛を促進するための 『発毛因子』を出す場所=『バルジ』を破壊することが脱毛を促し 次の発毛をストップさせるのには効果がある としています。

このバルジ領域を破壊するのには、毛の毛周期に関係なくできるので 短い期間での脱毛処理が可能になります。

 『ダブルパルスシステム×スムースパルステクノロジー』
従来のレーザー脱毛は、高い効果を得るために 比較的強い波長の光を短時間で当てる事を基本としていますが、この方法だと毛幹部分の温度が大きく上がる為 確かに脱毛効果は得られるものの、やけどの危険性が高くなります。
 ですが、“メディオスターNext” の「スムースパルステクノロジー」を持ってすれば 必要最低限の低い温度で、痛みを抑えながらより効果の高い脱毛が出来るのです!

さらに 1回でレーザーを照射するのではなく、細かく2回に分けて照射する(ダブルパルス)ことで 徐々に熱を入れていく という蓄熱式脱毛
この方法により 他のレーザー脱毛に比べると格段に痛みが軽減されることになり 医療脱毛では麻酔を使うことでしか実現ができなかった ほぼ“無痛” の施術ができるように!